スマートフォン独自機能の進化について解説しています!

常識を変えた端末

今まではビジネスマンやガジェットマニアのみが注目していたと言っても過言ではないスマートフォン。それもそのはず、日本では高機能な携帯電話が当たり前であったため、その他の国々のようにPDAのような通信に特化した機能は一般層にはあまり需要がなかったのです。しかし、その均衡を一気に崩した機種があります。それがiPhoneです。

今では知らない人はいないと言えるほどの大人気機種のiPhoneですが、当時からその人気は沸騰しており、アメリカ限定での発売となった初代iPhoneも初日からショップに行列ができるほどの熱烈歓迎ぶりでした。その理由はストレートな端末とタッチパネルの操作性です。ハードウェアキーボードを実装せずソフトウェアキーボードを使った入力は、今でもスマートフォンのスタンダードとして利用されています。

一般層に支持された理由はいくつかありますが、「スタイリッシュである」ということが挙げられるでしょう。広告展開もゴテゴテとしてものでなく、iPhoneの魅力が簡潔に伝わるもので、分かりやすいGUIや操作性をタッチパネルに絞ったことによるスマートなデザイン性などが、若者に激しく評価されました。そのことによって一気に普及していったのです。